検索
 HOME > 硬式野球部

自己最長の8回2失点で先発の役割を果たした

硬式野球部  星の力投実らず開幕7連勝でストップ 勝ち点の行方は次戦へ/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・10〜10・30 平成28年度東京六大学秋季リーグ戦(神宮球場)
▼10・16 対早大2回戦
 明大0―4早大○
2回戦
早大
明大

(明)●星(2勝1敗)、齊藤、伊勢、森下暢―牛島
(早)○小島、柳澤―小藤
【二】(明)河野(8回)(早)佐藤晋(7回)
(明)◇犠打1 逢澤(1回)◇併殺1 ◇残塁6 ◇盗塁0 ◇失策0
 全勝優勝の夢がついに消えた。第1試合で立大が慶大に敗れ、勝てば優勝が決まった今試合。先発の星知弥投手(政経4=宇都宮工)は5回に先制打を許すもリーグ戦自己最長となる8イニングを2失点と粘投した。しかし打撃陣が相手先発・小島(早大)の前に勝負どころであと1本に苦戦し星を救援できなかった。守備でリズムを作りたかったが、最終回には任された後続の投手陣が打ち崩され、ダメ押しの2点を献上。0−4の零封負けを喫し7連勝で止まり、カードの行方は3回戦に委ねられた。

 逆転勝利のシナリオを自ら手放した。無失点で抑えれば、2点差をひっくり返す「何か」を感じるのが今の明大打線。9回表からは、今季無失点の齊藤大将投手(政経3=桐蔭学園)が満を持して登板した。先頭打者を141kmのストレートで空振り三振に仕留め、続く打席には3番石井(早大)。順調に抑えるかのように思われたが投球が安定せず、二者連続で四球を与える。さらに代わった投手も四球を出し、無安打で2死満塁。このピンチの場面でケガから復帰を果たした森下暢仁投手(政経1=大分商)がマウンドを託された。しかし、7番小藤(早大)に投じた4球目。140kmのストレートを中前に運ばれダメ押しの2点を献上した。「抑えないといけないところで抑えられなかった」(森下暢)。盤石の投手陣が崩れ、最後に流れを持っていくことができなかった。

 先発の柱として成長した。「入りが一番大事だと思ったので最初は力を入れて投げた」(星)と初回は自己最速タイとなる154kmを含む力強い直球を軸に、打者3人で抑える。唯一先頭打者の出塁を許した5回と7回こそ失点したが、武器である直球に加え課題となっていた変化球もうまく織り混ぜ、緩急のある投球で打者を翻弄(ほんろう)。打たせて取るリズム良い投球で、自己最長8回を5安打2失点でマウンドを下りた。「春2戦目全然勝てなくてその責任を自分も結構感じていた」と先発の役割を果たせず、救援に回った春。「1回1回きちんと抑える」(星)と、優勝争いが激化する残り試合も全身全霊をかけて勝利をつかむ。

圧巻の投球に思わず笑みがこぼれた吉田大
圧巻の投球に思わず笑みがこぼれた吉田大

 決定打を欠き、2年生左腕を攻略できなかった。両チーム無得点で迎えた4回裏。4番牛島将太捕手(営4=門司学園)、5番川口貴都外野手(法4=国学院久我山)の連続安打で一、二塁の好機をつくる。そして前打席でヒットを放った吉田大成内野手(国際4=佼成学園)へ小島(早大)が投じた4球目。「いい球すぎて、手が出なかった」とキャッチャーミットへ吸い込まれる134kmのストレートをただ見送った。全体的にインコースに攻められスイングすらできなかった吉田大。小島の投球に歯が立たなかった。その後5回以降は得点圏に進められず、迎えた8回。代打で出場した河野裕斗内野手(文3=鳴門)が左中間を破る二塁打で無死から出塁とチャンスメーク。しかしここでも後続が続かず、得点できなかった。安打数では早大と同じ6本。「野手がもっと頑張ればという話」(牛島)。ここ一番のところで打線が奮起できず、投手の力投を後押できなかった。

 完全優勝へ歩みを止めるわけにはいかない。今季初となる3回戦だが、春は全カード経験済み。持ち味の粘りの野球で勝利をつかんでいる。「これで負けてずるずる行かないように、また明日しっかりやりたい」(柳裕也主将・政経4=横浜)。紫紺のプライドを胸に、宿敵・早大から勝ち点を奪取する。

[浜崎結衣]

◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(二)宮崎(履正社).294中安  三直  遊ゴ        
 太田(広陵).000             遊ゴ  
 齊藤(桐蔭学園).000                  
 伊勢(九州学院)---                   
 森下暢(大分商)---                  
(中)逢澤(関西).154一ギ  遊ゴ    二ゴ      
 打中越智(丹原).333              一ゴ  
(一)佐野恵(広陵).321三振    一ゴ  二ゴ  二ゴ  
(捕)牛島(門司学園).258四球    中安  右飛    三ゴ
(左)川口(国学院久我山).361三邪飛    左安    三振    中飛
(右)東原(天理).429  右直  捕邪飛    右安    
 小林恵(遊学館).500                一邪飛
(遊)吉田大(佼成学園).440  左安  三振    左飛    
(三)渡辺(横浜)
.321  三併    三ゴ  遊ゴ    
(投)星(宇都宮工).200    投ゴ  二ゴ        
 打二河野(鳴門).333              左中二  
   31.298                  


◆明大投手成績◆
名 前球数
●星(宇都宮工)1092.39
齊藤(桐蔭学園)01/3192.84
伊勢(九州学院)01/3100.00
森下暢(大分商)01/30.00


◆ベンチ入りメンバー◆
10柳(政経4=横浜)佐野恵(商4=広陵)吉田大(国際4=佼成学園)
11星(政経4=宇都宮工)竹村(政経3=浦和学院)加勢(理工4=札幌一)
齊藤(政経3=桐蔭学園)中野(法3=桐光学園)逢澤(文2=関西)
19森下暢(政経1=大分商)14宮崎(文3=履正社)20萩原(営4=九州学院)
23橋(総合2=向上)15渡辺(政経2=横浜) 28東原(商3=天理)
29伊勢(営1=九州学院)16吉田有(商2=履正社)35中澤(国際3=高崎)
牛島(営4=門司学園)24河野(文3=鳴門)37越智(営2=丹原)
13小林恵(農4=遊学館)25川口(法4=国学院久我山)
35西野(政経1=浦和学院)26太田(商3=広陵)


勝敗表 第6週 10/16現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
明大---○○  ○●○○○○.875
慶大●●---○○  ●○○○○.667
立大  ●●---○●○○○●○○10.600
早大●○  ●○●---●○○○○10.600
法大●●○●●●●○●●---  10.200
東大●●●●○●●●●  ---.111


次戦を見据えた柳裕也主将
「(今日の登板予定は)気持ちはありました。でも、まだ明日があるので。明日チームが勝てるように投げたいなと思います。(試合前)今までやってきたことを、絶対負けるかという気持ちを前面に出してやっていこうと話したんですけど、試合なので勝つこともあれば負けることもある。ここまで7連勝できて、これで負けてずるずる行かないように、また明日しっかりやりたいなと思います。(善波監督がチームに気持ちが見えなかったと話していたが)早稲田の方が今日に関しては体を張ったプレーとか球際のプレーがあったから、負けたのかなと思います。そういうところも明日もっと出していかないと。そう簡単に優勝できないと思うので。(星は)いいピッチングをしてくれました」

盗塁を刺す好リードを見せた牛島
「優勝懸かった試合だったんですけど、チームの決まりごとを守れずにだらだら試合をした結果だと思います。(プレッシャーを)感じてたつもりはないんですけど、硬くなっていたかもしれないです。高めを全体的に振ってしまって、小島投手のリズムになってしまったかなと。(星投手は)2失点でまとめてくれたので、野手がもっと頑張ればという話です。(先制打は)もっと自分がケアしてれば、防げた点かなと思います。春1敗して3戦目勝ってるので、チームでもう1回話し合って確認事項を徹底して、明日勝てるように頑張ります」

8回2失点と好投した星
「点を取られたイニングは先頭出しているので先頭出しても後しっかり抑えられるよう気持ちの面とかでもやっていきたいと思います。追い込んでからのカウント球のスライダー、カーブはカウント取ろうと意識して投げました。(バッターの反応などは見たか)そうですね。それも色々見ながら打たせるところは打たせていました。(初回154km)ゲームの入りが一番大事だと思ったので最初は力を入れて投げました。春2戦目全然勝てなくてその責任を自分も結構感じていました。秋はそれがうまくいっていて今日はうまくいかなかったので、明日も自分も投げられるように準備をしていきたいと思います。今日は比較的思ったところに投げられました。結構緊張しました。マウンド上がってからは大丈夫だったですけど。試合の中で反省すべきところが結構ありました。石井のスタートとか、ピンチで抑えられなかったりとかあるのでそういうところをなくしてやっていきたいと思います。(石井は意識するか)もう絶対打たせないと、打たれたくないです。最後はちょっとうまく打たれたんですけど。(7回以上投げたことは)リーグでは初めてです。リリーフと一緒で1回1回きちんと抑えるとやっているので、ゲームメイクとかはあまり意識してないです」

好調を維持している吉田大
「野手が何もできなかったので、そこに尽きます。それが敗因ですね。勝ったら優勝でしたけど、気負いみたいなのは全然なくて、対抗戦なんで、早稲田にどう戦うかだけを考えていました。だけど結果が出なかったので残念です。(4回のチャンスは)いい球すぎて、手が出なかったです。自分の調子は悪くないんですけど。強いチームというのは2連敗しないと思うので、明日は負けないように、強いチームになれるように頑張りたいです」

新人戦以来の投球となった森下暢
「抑えないといけないところで抑えられなかったのが残念です。(打たれた球は)まっすぐです。(プレッシャーは)特に感じませんでした。(善波監督や牛島選手には)思い切って投げろと(言われました)。(春にケガしたが)思ったより早く(マウンドに)戻ってこれたので良かったです。次はしっかり自分の役割を果たせるようにやっていきたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: