検索
 HOME > バドミントン部

準決勝でリードを守れず惜敗した瀬川・村上組

バドミントン部  女子団体は準決勝で早大に敗北 快進撃見せるも2年連続3位止まり/全日本学生選手権

◆10・15〜20 第67回全日本学生選手権(千葉ポートアリーナ他)
▼女子団体
・1回戦
〇明大3―0甲南大
・2回戦
〇明大3―0青学大
・3回戦
〇明大3―0法大
・準決勝
 明大1―3早大〇
 決勝進出にはまたしても手が届かなかった。インカレ1日目に行われた1〜3回戦では1部の相手にも全試合ストレート勝ちで準決勝進出を決めた明大。しかし、2日目の準決勝の早大戦で勝ったのは第2シングルスの西口涼子(農1=埼玉栄)のみ。エースダブルスである瀬川桃子(商3=埼玉栄)・村上晃(商3=青森山田)組の第1ダブルスもリードしていたものの、勝ち切れず惜敗。1部を下せるようになった成長を見せた一方で、昨年以上の戦力でありながらまたも3位止まりという悔しさが残った。

[1日目]
 攻めの姿勢で勝利をつかんだ。準決勝進出をかけた法大戦で第1シングルスの西口が1勝を挙げ、第2シングルスに臨んだ十河茉由(商2=高松商)。第1ゲームは相手に奪われたものの「自分から先に先に攻めていこうと意識した」(十河)とスマッシュや緩急を駆使し相手を翻弄(ほんろう)する。点差のつかないシーソーゲームだった第2ゲームを制すると勢いは加速。ファイナルゲーム序盤、相手にリードを許すも相手コートの狙ったところに決め、5連続ポイントを挙げるなど攻撃姿勢で得点を重ねる。終盤、ラリー戦を逃し20―20のジュースになるが落ち着いて相手のミスを誘い1点を先取。「チームの勝利に貢献することが自分の目標だった」(十河)の言葉通り、最後はスマッシュからの返しでチームにとって大事な白星を挙げた。
 圧倒的な強さだ。1日目の試合は春の1部リーグ戦で対戦経験のある青学大戦、法大戦含めた全試合ストレート勝ちで準決勝にまで駒を進めた。「みんなが勝ちたいという気持ちを前面に出すことを意識した」(高原美由樹・文4=埼玉栄)とこの結果は全員が勝利だけを見つめ全力を出し切っている証しだ。インカレ初日、スタートダッシュは成功した。

[2日目]
 チームの得点源が勝てなかった。チームカウント1―1の状況で試合に挑んだ第1ダブルスの瀬川・村上組。確実に点数を重ね、21―13と危なげない試合運びで、第1ゲームを奪う。続く第2ゲーム序盤もリードしていくが「気持ちが緩んでしまった」(瀬川)。点差を徐々に縮められ、途中16―14の2点差まで今度は追い詰められる展開に。そこからレシーブミスで6得点されマッチポイントを与えると、取り返せず第2ゲームを落とした。ファイナルゲームでは一進一退の試合の末に何とかマッチポイントを先取するも、後衛の瀬川が集中的に狙われていたことで疲弊、スマッシュの威力も低下していた。さらに、それを補おうとする村上が無理に打つことでミスも増加。ジュースを許してしまい、そのままミスショットから敗北を喫した。「出た試合には勝つのが自分の役目」(村上)とチーム1のポイントゲッターが敗れた痛手は大きかった。
 ルーキーの実力が証明された。秋季リーグ戦で大学公式戦デビューを飾り、入替戦含め全勝する圧巻のプレーを見せた西口。インカレという大舞台でもチームで唯一全勝を収め、ひときわ存在感を放った。準決勝では、ライン際に落とす精度の高いプレーや要所で見せるドロップショットで相手を苦しめた。終始リードした展開で21―15、21―10の両ゲームとも大差をつけて勝利となった。高校時代は「緊張ばかりだった」と話す西口が「今回はあまり緊張していなかった」とルーキーながら落ち着いたプレーでチームに貢献。来季以降では主力となる見込みで「優勝を目指す」(西口)と個人戦でも目が離せない。

 手に入れた3位は「昨年とは違う」(高原)。「勝ちたいという気持ちでつかんだ」(高原)3位は1部リーグで1勝もできず悔しい思いをした春があったからこそ。強豪相手にストレート勝ちした実績と自信は必ず個人戦へと結びついてくるはずだ。今季の集大成をそれぞれの個人戦でぶつける。

[花岡桃]

試合後のコメント
[1日目]
高原

「(今の気持ち)残れてほっとしています。結構きつい山だったので気を抜かず一つになってやっていったので結果が出たのかなと思っています。やっぱり団結力って大事だなと思いました。(チームとして良かった点、悪かった点)1試合目からみんな自分の点をとるべきところで取れていたのでそれが2戦目の青学戦、3回戦の法政戦にもつながったと思います。悪いところは正直見当たらないです。自分たちの力を全てぶつけていたので特にないと思います。(試合前に意識したこと)個人としては1試合目の第1シングルスだったので、最初は大事なので流れを作れるように意識してやりました。全体としてはとにかく勝ちたいという気持ちを前面に出すのをみんな言わなくても意識してやったんじゃないかと思います。(青学大、法大とは春に対戦しているが)どちらも競って負けているので勝ちたかったです。(次の試合に向けて)とりあえず去年と同じところまで来れたのでこの結果に満足せずにチームで一つになって目標の優勝目指して頑張ります」

十河
「(準決勝進出だが)自分が試合に出て1ポイントとってチームの勝利に貢献することが自分の目標だったのでそれが達成できてよかったと思います。(試合前は)秋のリーグ戦からずっと負けっぱなしということが多くて気持ち的にも引いてた部分があったんですけど、そこで前の練習でちょっとずつ調子が戻ってきてたというのがあったのでちょっと自信になって向かっていく気持ちでできたかなと思います。(今回はいけるかなという感覚は)ありました。(変わったところ)自分は守ったときとかにすごくレシーブが弱くて、気持ち的にも引いちゃう部分があるんで自分から先に先に攻めていこうというのは意識してました。(意気込み)去年は3位で終わっちゃったんで今年は優勝目指して、それ以上頑張ります」

[2日目]
高原

「素直にうれしいです。昨年の結果を超えるのがやっぱり目標だったんですけど、でもチームのみんな一人一人が自分の力を全部出し切って取った銅メダルなので、また昨年とは違う銅メダルになってよかったかなと思います。(今日試合を見ていて)1ラリー1ラリー昨年とは全然違うなというか、点数も球の質もすごく上がってるなというのがすごい分かったので、今年の結果もよかったし来年にすごいつながるんじゃないかなというのも見ながら思ってました。春リーグでこの結果を生かしてほしいなと思いました。みんな自分のモチベーションも上がってると思うし、課題ももちろん見つかったと思うのでそれを私たちが抜けてからしっかり集中して取り組んでもらって、頑張ってほしいなと思います。(チーム力は)すごくまとまりがあって、けじめのあるチームだと思うので、練習の時はすごい集中してできるし、プライベートではみんな仲いいし、チーム力というのはどこにも負けないんじゃないかなというのは一年間いつも思ってました。ペアとかではもめたりしたんですけど、もめたりしなかったらこの結果はなかったと思うので、もめるのもありなんじゃないかなと今思えばそう思います。練習を見てくれるコーチがいなかったので、私たち4人が中心になってやらなきゃいけなかったので、何かあった時は4人で話したりしてやってきたのでそれがうまく結果につながってくれたかなと思いますね。メニュー自体はたぶんそんなに昨年からは変わってないかなと思うんですけど、練習環境があまりよくないのでその中で昨年よりもどう集中していかに質を高めてやるかというのを一人一人が意識してやったんじゃないかなと思います。(成績は同じでしたが昨年とは手にしたものは違いますか)昨年ももちろん濃かったんですけど、今年はやっぱり青学、法政と3−0で勝ってのこの結果なので、また重いというか濃いものになったんじゃないかと思います。(法大に3−0での勝因ら)気持ちだと思います。もちろん実力も上回っていたから勝てたと思うんですけど、みんなの勝ちたいという気持ちがどこよりも強かったので青学と法政とやった時とかはたぶん前面に出してやってたと思うので、やっぱり勝ちたいという気持ちでつかんだ勝利かなというのは思います。(ダブルス2本落としたのは春リーグ筑波大戦以来でした)昨日の疲れとかもあったと思うんですけど、それは向こうも同じことだと思うんですけど、やっぱり長いラリーというか、最後止まってしまっていた、やっぱり体力的にきつかったのかな、こっちの方がちょっと体力的に押されたかなというのは思いました。最後まで打ち切る力、攻めててよかったんですけど、あと一歩のところで相手に返されちゃったりとか、決めきれてなくて苦しくなっちゃったと思うので、やっぱりもっともっとコート内で打ち続ける力が必要かなと思いました。(実力的には)変わらないと思います。春リーグでそれが分かるんじゃないかなと思います。(最後の団体戦でしたがここまで引っ張ってきて)正直大変でした。自分もやらなきゃいけないし周りも見なきゃいけないしってすごい大変なところもあったし、精神的にもすごい苦しい時期もあったんですけど、やっぱりなんだかんだみんなには支えてもらったので、このような結果で終われて満足はしてます。(個人戦に向けて)最後なので思い残すことがないように。まず明日のダブルスは後輩と組んでいるので自分がしっかりリードしてあげて、2人で力を合わせて一試合一試合頑張っていきたいです。シングルスではやっぱり目標としては総合には出たいんですけど、そこにいくにはなかなか厳しい道のりだと思うので、まずは一試合。やっぱり自分の持っている力をすべて出すことが、すっきりと終わりたいので、それが一番大事だと思うので、まずは一試合一試合自分らしくやっていきたいなと思います」

高崎真美(政経4=日本橋女学館)
「(試合を振り返って)正直悔しいです。やはり決勝に行く気満々だったので。去年もベスト4で、筑波大学にボコボコにやられたんですけど今回は全然そんなことなかったと思うし後輩も頑張ってくれていけると思っていたから悔しいです。敗北した相手である早大はリーグでも勝っているので強いと思います。個々の力が強いです。対戦相手とか気にせず団体は最後だったので楽しくやろうとおもっていました。プレッシャーよりもみんなが応援してくれて向かって行く気持ちしかなかったです。ただ、ファイナルの11点以降向こうがミスなく、ラリーをしているのに最後で決めきれなかったりミスをしてしまったのが大きかったと思います。自分も去年初めてこういう大きな舞台で戦って去年よりは落ち着いてできた。(下級生への引き継ぎ)いまの3年生がみんな出ていてポイントもとってくれていたので来年はプレーで引っ張れる代だと思うので大丈夫だと思います。残りは個人戦。にこちゃん(後藤)が来年以降繋がる試合をしていきたい」

後藤にこ(文3=聖ウルスラ学院英智)
「2年連続の3位だったんですけど、昨年はラッキーな3位でした。周りも自分たちも3位で満足してしまっていた部分があったんですけど、今年は青学、法政と強い1部の大学を倒して3位です。準決勝も早稲田でもっと上にいけるところだったので自分たちが勝ち切れなかったことが敗因です。春と比べたら色々チーム状況が変わりましたし、メンバーもめちゃくちゃ変わりました。1、2年生をシングルスに入りたり、私がダブルスに行ったりとかしたんですけどそれが功を奏したことがこの結果につながったんだと思います。1、2年生の活躍は来年に向けてもいいことです。来年度は(ダブルスをメインにやっているかが)どうなっているかわからないんですけど、今回の秋はダブルスに専念して2ダブを強化していきました。青学戦とか1ダブで勝ててやれることを感じたんですけど、今日やった相手は強い相手だったので高崎先輩と自分が100%の力を出せていたのに負けたのはすごく悔しいです。自分たちは実力以上のものを出せてこの結果なので、すごい差を感じました。1点1点の勝負どころでの点の取り方とか相手の方が上手で後悔はしています。気持ちでは引いていなかったと思いますが、最後も流れというかほんのちょっとのミスが続いて一気に点差を広げられてしまいました。昨日も結構調子よくて怖いものなしって感じでいったんですけど、緊張はなかったです。でも、格上に1勝したことは団体戦にとって価値あるものだと思うので、その1勝を挙げられなかったのは心残りです。隣の二人(瀬川・村上組)が見えていて正直意識はしていたんですけど、そこで割とスイッチは入りました。それでまだ相手に粘りはしたんですけど、最後の勝負どころで離されてしまいました。(ダブルス両方落とした)今まで勝っていた試合は瀬川・村上組が点数を取っていました。でも、たとえエースダブルスが落としても他のメンバーがフォローできるチームにしていかなきゃいけません。昨年のメンバーよりも自力は上だっただけに去年と同じメダルの色ってことに申し訳ない気持ちです。まだパートナーの高崎さんは引退ではないので明日から厳しい山ではあるんですけど今日の調子でいけば上は狙えると思いますので、総合の権利を獲得できるように高崎先輩と頑張っていきたいです」

瀬川
「今振り返れば優勝目指せたチームだったなと思います。自分の試合は今日からの疲れとかもあって、正直力を出しきれずに負けてしまった試合だったので個人的にはすごく悔しいんですけど、シングルスの西口だったり、十河だったり下級生が持っている力を出してくれたのでチーム全体としては良かったかなと思います。ファイナルのトゥエンティーオールまでいったんで、展開的には緊張感のある展開だったと思うんですけど、落ち着いてはできてたと思います。今まで勝負どころで結構自分達は勝ててた。今回はいつものようにはいかなくてやっぱり何かが足りなかったと思うので、次は個人戦なんですけど切り替えてやっていきたいと思います。今日に関しては体力負けだったと思います。そんなに個人的には絶対優勝するという気持ちよりかは一試合一試合やっていこうという気持ちでやっていました。今日はとりあえず自分のプレーをしようと思っていたんですけど、それは結果できなかったんですけど、試合前は自分のプレーをしようと思っていました。2ゲーム目は11点取って、結構リードしてたんでそこで気持ちが緩んでしまったかなというのはあります。最後のジュースはみんなが応援してくれていました。みんなの応援は力になりました。団体戦負けてしまって、やっぱり次は最上級生なんでチームを引っ張る立場として結果を出さないといけないので、結果を出せるように頑張ります」

村上
「試合出てる人の力で3位になったってわけではなくて応援してくれてるみんなの力もあってみんなで勝てた3位だと思います。今年の方がみんな力が付いていて去年よりちゃんと戦った3位だと思います。3位で満足はしていませんがうれしい気持ちも素直にあります。悔しさもあります。(1部の相手を下して)チームが成長したんだなって感じてます。春に1部で試合した大学なんですけど、こっちも向こうも練習で強くなった上でインカレに出たと思うんですけど、その上で勝ったということは力が付いたってことなんだと思います。さっきの試合は負けちゃったんですけど、出た試合は勝たなきゃいけないのが自分の役目だと思っています。下級生が頑張ったくれたおかげで勝ち上がれた結果でもあると思うのですごく助かりました。来年その下級生が頑張るから次の春リーグで1部の上位が狙えるかなって思ってます。(ダブルスが二つとも勝てなかったが)自分のところが勝たなきゃいけなかったのに勝ってくれた西口にも申し訳ないし、チームのポイントゲッターみたいなところにいるので勝たなきゃいけませんでした。4年生が最後だったので勝ちたかったです。(試合を振り返って)大きく振られた時にこっちが我慢して切れていませんでした。大きく振られることで前衛が触れなくて長いラリーにもなってこっちが我慢し切れなくて点数を落としてしまう部分がありました。そこで変えられる球を自分たちで持っていたら流れは変えられていました。リードしてる中で負けるというのは試合展開としてやってはいけないと思います。ファイナルも最後負けてたけど連続で4ポイントくらい取って先にマッチポイント取ったんですけど最後自分が連続でもったいないミスをしてしまいました。(二人が重なってしまうシーンも見られたが)相手が瀬川にずっとオールロングをしてくるので、それだと瀬川も体力的にきつくなってしまうじゃないですか。それで自分が後ろ行った方がいいのかなってやってたらよくわかんない感じになってしまいました」

十河
「(試合を振り返って)1セット目などは競っていてそういう取れるところで取れなかったのは悔しいです。決め急いでちょっとずつアウトになってしまったのと相手に攻められている時に最後まで我慢しきれなかったことが原因。
(早大に敗北)相手の身長が高く上からのショットの鋭さに対応出来なかった。力を出し切れたかというと微妙。最後まで耐えきれなく動いてしまった。課題はレシーブと自分から決めにいった球の正確性がないこと。この課題がすぐに直せるわけではないので明日からの個人戦、出来ることをだしきっていきたい。来年は3年生になる。いまの1年生と3年生に頼ってばかりいる状況から自分のプレーでもっともっと引っ張っていけるようにしていきたい」

西口
「正直悔しい気持ちの方が強いです。本当に準決勝は勝てそうだったので決勝に行って、勝って優勝したかったなと思います。今回はあまり緊張していなくて、出たら勝とう、自分のプレーをしようという気持ちで挑んだので、それが発揮できたおかげで全勝することができたと思います。高校時代は緊張ばかりで、大学に入って前期にあまり練習ができなくて、メンバーにも入れず、夏休みから頑張ってメンバーに入ってという感じです。新しい気持ちでやっていたので、あまりプレッシャーも無かったです。(プレッシャーがないのが逆に良い効果)そうですね。個人戦がまだ残っていて団体戦で1部リーグの強い選手に勝てたことは結構自分の自信にもつながったので、個人戦ではまずは一戦一戦勝ち上がって、高い目標をもって優勝を目指して頑張りたいです。(試合前)昨日までは第一シングルスを任されていたのですが、昨日のオーダーが決まったときに、第二シングルスを任されることになって、相手の第一シングルスはすごい強い選手なので第二シングルスで絶対とらなきゃいけない立場だったんですけど、どこに出ても勝たなきゃやっぱりチームに貢献することはできないと思っていたので、いつも通り自分のプレーをしようという気持ちで挑みました。第一シングルスと第二シングルスは勝つとチームの雰囲気がよくなるのでそこはとっていきたいなと思っていました。(緊張は)今回はあんまりしなかったです。でも、昨日の法大との試合は今までやって来た相手とプレースタイルが違くて1ゲーム目は勝てたから良かったんですけど、2ゲーム目は完全に相手の流れで9点で負けてしまったのでファイナルゲームでどう変えていくかを考えていたのでちょっと緊張しました。(切り替え)上手くないですけど、最近は自分の力を出しきれば勝てるという自信がついてきたのでそこがあんまり緊張しないということにつながっているのかなと思います。(いつも落ち着いている印象)自信と相手に体力では絶対負けないという自信がコート内で落ち着いていられる理由だと思います。(改善点)自分の持ち味は粘り強さなのでどんどん学年が上がるにつれて動けなくならないようにフットワークや走り込みなどをしっかり4年間続けていきたいと思います。あとは、やはりネットプレーがまだまだ上手ではないのでそこも技術をあげていきたいなと思います。(個人戦)結構組み合わせはそこまで悪くないところに入ったと思うので優勝目指して、一戦一戦自分のプレーを出して戦っていきたいと思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: