検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  男子団体は東日本覇者・日大下すもベスト8/全日本学生選手権

◆10・15〜20 第67回全日本学生バドミントン選手権大会(千葉ポートアリーナ他)
▼男子団体
・1回戦
○明大3―0同大
・2回戦
○明大3―2日大
・3回戦
 明大1―3早大○
 男子団体は同大との1回戦に快勝発進すると、2回戦では秋季リーグで0―5と惨敗し、9月の東日本選手権で優勝している日大を3―2で下す番狂わせを演出。さらなる上位進出を目指したが1―3で早大の前に屈し、インカレ制覇は成し遂げられなかった。

 強敵を打ち破ったからこそ、悔しい敗戦だった。準決勝進出を懸けた早大戦。落とせばチームの敗戦が決まる第2ダブルス。1ゲームを先取され、16―20で迎えた相手のマッチポイント。相手のショットがネットをかすめ自陣コートに落ちるのを確認すると、武石優斗(商2=札幌一)・西谷春樹(政経2=青森山田)組は力なくうつむいた。「何もできないまま終わってしまった」(西谷)。ゲームカウント1―3。高野将斗(商4=埼玉栄)・宮嶋航太郎主将(商4=埼玉栄)組の第1ダブルスしか勝利できなかった。2回戦で実力校の日大を破り上位進出も期待されたが、秋季リーグで勝利している早大に敗北。「東日本1位の日大に勝てたのはすごく良かった。だからこそベスト8で負けたのがすごい悔しい」(宮嶋)。日大、早大戦ではともに第1、第2シングルスを落とし序盤から苦しい展開を強いられ、課題としていたシングルス陣は最後まで改善できず。団体優勝への挑戦はベスト8で終わった。

 今大会で4年生は団体戦から引退する。「高野と自分が抜けて今まで取っていた2本が無くなる。出た全員が本当に死ぬ気で勝ちにいかないと」(宮嶋)。高野、宮嶋はこの日も出場試合全勝。絶対的支柱が抜けた後、新チームの戦いぶりはより厳しいものとなる。「全員でレベルアップしてその穴を埋められるようにしたい」と武石。まずは17日から始まるインカレ個人戦。下級生の奮起にも注目だ。

[原大輔]

試合後のコメント
宮嶋

「チームの戦力考えても日大の方が強かったと思います。最初オーダー見たときに向こうが勝負かけてきて、高野と自分のところ以外の三つを取りに来て、最初厳しいかなと思っちゃったんですけど、シングルス二つは負けてしまいましたが武石と西谷が意地を見せてくれました。そこは来年につながる収穫だったと思います。リーグで自分も負けている相手なので勝ったのは率直にすごいと思います。日大に勝ったのは良かったですけど、早稲田ではまた頭二つ取られて、この1年間ずっとシングルス頭取れていなくて最後までそうなっちゃいました。武石と西谷も日大では勝ってくれたけどそれが続かなかった。絶対早稲田の方が弱かったと思うしそこで続かなかったというのは実力でなく勢いで勝ったのかな、と思っちゃうような内容でした。早稲田戦でやっていたのが今の明治の実力かな。自分で言うのもあれなんだけど高野と自分に頼ってるチームになっちゃったのかなと思います。自分のダブルスでは、2試合目は普通に悪くはなかったと思うし相手もまあそれなりに強い相手だったんですけど、我慢してラリーできたかなと思います。逆に早稲田のときは心の中で勝てるかなと甘えがあったというか、それがもつれた原因かなと。個人戦では自分のやることをしっかりやれればと思います。やっぱり東日本1位の日大に勝ったのはすごくよかったですけど、だからこそベスト8で負けたというのがすごい悔しいです。自分が入ってからずっとベスト8より上がなかったので、自分の代でベスト4は入りたかったなという気持ちはあったんですけど、叶わなくて残念です。今は終わったという気持ちもあるんですけど、リーグも1部5位、インカレもベスト8という毎年変わらない結果に終わってしまっているので、まあ今日日大に勝ててもベスト8なので結局こんなもんなのかなと思っちゃう気持ちもあるんですけど、やっぱりもう少し上を目指してやりたかったというのが本心です。(最後ミーティングでは)高野と自分が抜けて今まで取ってた二本が無くなるわけで、出た全員が本当に死ぬ気で勝ちにいかないと今の明治は本当にどうなっちゃうのかなと。今まで勝っていたのは自分と高野で二つ取ってどこかで一つ勝つみたいな形だったので。相当頑張らないと結果ついてこないと思いますし、ただやってたら強くなるというわけでもないけど、やることはしっかりやってかないと結果がついてこないとは思います。(改めて今の気持ちは)やっぱり勝ちたかったかな。インカレ団体戦の準決勝っていう立ったことない舞台に立ちたかったので悔しいですね。あとは個人戦しかなくなっちゃったのでそこで頑張るという、ただそれだけですね」

高野
「最後だったので自分の試合は後輩に何か感じてもらえればと思いました。最終的に結果悔しかったですけど、まあ先輩の良い姿を見せられたのではと思います。日大戦は正直入りは勝てるか不安だったので、最後勝てた瞬間は嬉しかったですね。不安とか緊張とかあったので。正直体力きつかったので、1発で決めるというラリー展開に持っていってその展開がうまくはまってくれたのでよかったです。正直球の速さ自体は無いとわかっているのでコース狙って相手を崩してという展開に持ち込みました。(最後相手に前を攻められた)もうヘロヘロだったので狙われてるのはわかったんですけど、その次の展開でシャトル取れていたので。怖い球を打ってくるようなら変えようと思いましたけど、そんなに怖い球なかったので打たせとこうかなという感じでやっていました。ダブルスは全試合2-0で勝ち切れたというのは良かったですね。個人戦はもう最後やるだけです。(今の率直な気持ちは)もっとこのチームで戦いたかったというなはあるんですけど、結果ここまでで終わっちゃったので。まあ楽しかったです。(最後のミーティングでは)本人たちがいまのチームの現状だったりを知ってると思いますし、宮嶋が先に全部言ってくれたので自分は何も言えなかったですけど、確実に厳しい戦いになると思うので、そこでやっぱどうこいつらが変わるか、これからOBとして楽しみです」

武石
「(日大戦、自分たちが負けたらチームが敗戦する場面)逆にそういう場面で気負わなくて日大さんに勝てたという部分はあると思います。あまり勝ち負けを意識せずできたのが良かったところかなと思います。相手も強いんですけど、自分たちの好きなようにやれたというのが勝てた要因だと思います。終始自分たちが上から上からいって、しっかり攻めれたし、レシーブも守りに入ってもあまり慌てることなく我慢してできました。早稲田戦は日大戦に比べて疲れてたのもあると思うんですけど足が動かなくなっちゃったところがあります。日大戦でできていたことを逆に早稲田ではやられてしまいました。(高野、宮嶋が抜けるが)そこが抜けちゃうのはすごい大きいんですけどやっぱりそこは僕らだけじゃカバーできないと思うので、全員でレベルアップしてその穴を埋められるようにしたいなと思います」

西谷
「日大にはリーグで0-5で負けていたのですが、気負うことなくできたのが良かったです。相手は強いと分かっていたので自分たちのプレーをするだけだと最初いったら相手が引いてくれてたのでそこが大きかったかなと思います。結構冷静にできていたので、相手が引いているなと前を使ったり、一人が本当に引いていたのでそっちをうまく使えて自分たちが上から上からというプレーが常にできていた感じがするので、そこは良かったかなと思っています。(早稲田戦は)リーグで自分たちは振り回して振り回してという感じで負けていたので日大の時みたいに相手見ながら冷静にできればいいなと思ったんですけど、シャトルが飛ばなくて、自分たちのドライブとか強い球に対して上から来られてローテーションできず、逆に引いて引いてというプレーになっちゃったので、何もできないまま終わっちゃったなという感じですね。(高野、宮嶋が引退)すごく頼ってた部分があるので、チーム全員が思っていることで、絶対的なポイントがなくなった分どこかで取らなきゃいけないと。自分たちしか勝ってない状況ですしそこは負けられないという思いがあるので、3本取るうちの1本に自分たちがならないとなという気持ちです。今大会は組み合わせ見たときから日大に勝てばいけるんじゃないかと思ってた部分がありました。日大に勝って気が抜けた、ではないですけど。もう少しいけたなと思います。ベスト8はうれしさより悔しい気持ちの方が強いです」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: