検索
 HOME > 競走部

左から阿部、中島、南、三輪

競走部  箱根駅伝予選会 直前特集@ 1年生座談会

 
 新春へ向けた挑戦が始まる。10月15日、箱根駅伝予選会の号砲が鳴る。昨年度の箱根駅伝では往路17位に沈み総合14位と8年間守り続けてきたシード権を手放した。予選会は20kmのロードコースをエントリー14人中12人が出走し、上位10人の合計タイムを競う。本戦への出場権が与えられるのは上位10校。もう一度、箱根の地へ。雪辱を果たすために、紫紺のプライドをまずは立川にぶつける。

 本特集ではエントリー14人から予選会に懸ける思いを学年ごとに語っていただきました。第1回は1年生の阿部弘輝(政経1=学校法人石川)、中島大就(商1=世羅)、南俊希(政経1=鹿児島城西)、三輪軌道(理工1=愛知)の4人の座談会をお届けします。(この取材は10月9日に行われたものです)


――コンディションはいかがですか
阿部
  今日も最終調整をやってきて、これから調子が上がると思うので、予選会はいい形で臨めると思います。あとはここから5日どれだけ調子できるかが大事になってくると思うので、しっかり調整していきたいです。
中島  自分はちょっと前まで足が痛くて、ベストなコンディションではなくて100%で走れるか分かんないけど、それでもできるだけのことはして100%に近い力を予選会で出したいと思います。
   最近ちょっとケガしてしまって、今日の最終調整ができなかったんですけど、残りもほぼ回復しているのでできるだけのことはしていきたいです。
三輪  夏合宿から現在にかけて、やるべき練習はやってきたので、後1週間しっかりやってここから調子をさらに上げて準備していきたいです。

――エントリー入りしてみていかがですか
阿部
  エントリーは確実に入ると思ってこの1年間取り組んできました。なので入れたこと自体よりも大会で結果を残すということが大切になってくるので、結果を残せるようにしっかり頑張りたいです。
中島  1年間ちょっと良くなくて夏合宿あたりからしっかり練習できるようになってきてメンバー入りさせてもらいました。そのことに高校の時に頑張ってきたから、そこら辺を認めてくださったんだなって思うので、期待に裏切らないようにしっかり自分の仕事は果たせるようにしたいです。
   僕は他の3人と違って高校の時から全国のトップレベルではなくて正直入れると思っていなかったので驚いています。でも、入ったからには個々の実績とは関係ないのです。できるだけのことをやってきたので、それを出すだけです。
三輪  僕は特にエントリー入りしたからと言って感情とかはなくて、メンバー入りして結果を残せて初めてうれしいという気持ちが出てくると思うので、結果を残したいです。

――予選会への気持ちの入れ様はいかがですか
中島
  予選会は練習で本戦が本番です。でも、こんなアホみたいな考えは僕だけでみんな本気だと思います。
阿部  通過することが大前提だと思うのでそれに貢献する走りをしたいです。
   僕は力がある選手じゃないので、出たらできるだけ付いていくだけです。
三輪  一番は本戦に出ることなので、最低限出られる様に頑張ります。

――1年生が4人もエントリー入りしていて期待されているのでは
阿部
  1年生は力の強い人が集まってきた学年ではあるので、順調にみんな結果を出せていると思います。予選会もそうですし、本戦に向けてしっかり通過して、本戦でも1年生から何人か走れるように学年でレベルアップできればチームの底上げにもなるので、1年生だからといって譲る気はありません。
中島  1年は意識高いよね。やる気があります。


――1年生はどういう学年ですか
中島
  相当(仲)悪いですよ、特に僕と阿部弘輝は(笑)
阿部  というのは冗談で、どっちかというとまとまりがある方だと思います。
中島  夏は休みがなかったけど、日常生活では遊びに行くし仲はいい方です。 でも、俺と阿部ちゃんには特別な感情があります。めっちゃチューしてきます。
阿部  いや逆じゃん(笑)
中島  でも喜ぶんですよ。俺と阿部ちゃんはそういう危ない仲

――夏合宿のトレーニングはいかがでしたか
阿部
  自分たち1年生は先輩方と違って距離は少ないんですけど、距離への対応が大事だったので与えられた練習をしっかりこなすということを徹底してやってきました。
中島  僕は夏合宿ギリギリまで故障していて全然走っていなかったです。とりあえず不安しかなかったです。最初の方の合宿はしんどくて人生で初めてタレました。スピードに付いていけないとかは今までにあったんですけど、距離走で足が止まっちゃって30kmのラスト5kmで三輪とフラフラになって走りました。
一同  (笑)
中島  めちゃくちゃきつくて、ほんとにしんどい人の気持ちが分かりました。でも、一番キツイのを体験しちゃったからそこからだんだん調子が上がってきました。最後の最後の合宿でアキレス腱を痛めて2週間くらい休んでいました。それで最近復帰して何回かポイントこなしている感じです。前期に比べたら調子は上がっていますし、夏の距離走で効いてます
  夏の最初の方は全然調子が上がらなくて練習もAチームじゃなくてCチームで練習してました。でも夏にだんだん調子が上がってきて、最後の菅平でいい感じで練習できて選抜合宿に参加できました。最初はあまり良くなかったけど、夏にしっかり全部の合宿をこなして、結果充実して距離に対する不安も最初に比べたら良くなったです。
三輪  高校生の時からロードに対する苦手意識が結構強かったんですけど、距離走の練習を積んでいくうちに少しずつ改善されてきました。あと一回離れると気持ちが切れてしまうメンタル面の弱さがあったんですけど、夏合宿や選抜合宿に参加させていただいて強くなったと思います。

――夏合宿で成長した点はいかがですか
阿部
  夏合宿中はケガとかもあったんですけど、そこで考え方を見直すことができました。甘さとかも多かったので良い課題が見つかりました。
中島  自分は故障していたので元の力を戻すイメージで練習していました。結構戻ってきた感じです。
   あんまり長い距離強くなかったんですけど、ある程度速いタイムで走れる力は少しは付いたかなって印象です。
三輪  僕は長い距離に対する捉え方が変わりました。週に2回、20kmに近い距離走を走るんですけど、夏前は抵抗があったけど、最近はへっちゃらにできる様になりました。

――夏合宿でのエピソードはありますか
中島
  三輪が大富豪めちゃくちゃ強いです。3年生の末次さん(慶太・理工3=山口県立西京)を三輪くんがボコボコにしてました。
三輪  先輩たちをブチのめしました(笑)

――4人とも日体大記録会に出られていましたがいかがでしたか
阿部
  練習として5000mで2回走りました。トラックで走ってリズムを作るのが僕のスタイルで、1万を走るよりトラックで5000m2本走った方が調子が上がると思っていました。あと、5000mは2本とも自分で引っ張ってペースを作って行かなきゃいけなくて、1万までは引っ張ってもらうと思うけど、そこからもし自分が予選会で一人なった時にペースを一定に走れるかって意識して走っていました。
中島  僕は記録会の前日から走り始めていて、それまでジョグしかしていませんでした。前日に1200を1本入れていて、記録会ではいけるところまで走るって感じでした。別に足に痛みがきたとかじゃなくてしんどかったので、足に負担がこない余裕があるうちに止めときました。
   僕は先輩とかに引っ張ってもらって30分切れるかなって思っていたんですけど、疲れとか力不足があって、残り3000で一気に落ちてしまい30分半くらいかかってしまいました。
三輪  僕は合宿明け1週間後だったんですけど、タイムは2年前のものだったのでベストは更新して当然ではありました。最後の1kmくらいで先頭から離れてしまったんですけど、タイムは悪くなかったです。

――1年目の駅伝シーズンはどのようにしたいですか
阿部
  ルーキーらしく攻めていけたら良いですし、その中で結果が出せれば十分だと思います。1年生は課題が見つかる点は多いと思うので、それを克服して来年につなげるようにしたいです。
中島  僕はロードが得意なので、絶対勝ちたいです。
   大会の雰囲気などを味わいながら、しっかり自分の力に吸収していきたいです。
三輪  1年目は土台づくりの期間だと思っていたんですけど、チーム状況が状況なので積極的に出て下からの突き上げも大事になってくると思います。

――予選会に向けて意気込みを聞かせてください
阿部
  予選会を通過することが一番大事なのでチームのためになる走りをするだけです。
中島  頑張ります!
   自分にできることをやるだけです。
三輪  絶対に60分台で走れるように頑張ります。

◆阿部 弘輝 あべ ひろき 1万m 29分23秒29
◆中島 大就 なかしま たいじゅ 5000m 14分04秒13
◆南 俊希 みなみ としき 1万m 30分25秒01
◆三輪 軌道 みわ のりみち 1万m 29分30秒67

[渡邊弘基]

次回は2年生の坂口裕之(政経2=諫早)、竹山直宏(法2=国学院久我山)、東島清純(営2=米子松蔭)を特集します。アップは明日、10日11日(火)です。お楽しみに!

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: