検索
 HOME > アメリカンフットボール部

アメリカンフットボール部  アメリカンフットボール部紹介



創部年昭和9年(1934年)
体育会加盟年昭和11年(1936年)
チームカラーネイビー、イエロー
ニックネームグリフィンズ
部長小西徳應(政経学部教授)
総監督野崎和夫
監督宮城修一
主将杉山岳彦(政経4)
主務芹澤隆文(文4)
 明大アメリカンフットボール部”グリフィンズ”は日本でアメリカンフットボールを始めたルーツ校の一つ。創部は昭和9年、体育会加盟は昭和11年。現在、関東学生アメリカンフットボール連盟に加盟しており、大学日本一を決める甲子園ボウルの優勝経験はなく1985年以降出場していない。本年度は1部リーグBブロックで参戦する。

 グリフィンズは伝統あるチームだが、そのほとんどが大学に入学してからフットボールを始めた部員で構成されている。それでも1部リーグで戦い続けられるのは、名将・野崎和夫総監督の熱血指導と選手たちの豊富な練習量に支えられているからだ。経験者を多く擁する強力な他大学にも不屈の精神で立ち向かう選手たちの姿は、見る者に勇気と感動を与える。
杉山岳彦主将芹澤隆文主務
杉山岳彦主将   芹澤隆文主務
 一昨年、昨年と2年連続ブロック2位にとどまっている本学。本年度は主将に杉山岳彦(政経4・駒場学園高出)、副将に武山剛(政経4・明学東村山高出)、佐藤直樹(文4・川越東高出)、芹澤隆文(文4・松陽高出)が就任した。芹澤は主務も兼任している。そして今年はスローガンに「COMBAT」を掲げた。ommunication(意思伝達)、ver(越える)、yth(神話)、uild(築き上げる)、wake(自覚)、hink(考える)の頭文字を取ったものだ。長年の夢である甲子園ボウルを目指し、グリフィンズ持ち前の粘り強さ、スピードを意識したフットボールで突き進む。


◆2007年チームデータ◆
攻撃合計試合平均リーグ平均順位
得点226点32.3点27.5点6位
ラッシング1938yds276.9yds175.0yds1位
パッシング517yds73.9yds152.2yds16位
守備合計試合平均リーグ平均順位
失点149点21.3点27.5点7位
ラッシング940yds134.3yds175.3yds5位
パッシング1073yds153.3yds152.2yds10位
※順位は関東大学1部リーグ戦全16チーム中
◆過去の成績(2000年以降)◆
年度リーグ戦クラッシュボウルシトロンボウル
2000年Bブロック5位
2001年Aブロック5位
2002年Aブロック2位準決勝敗退7−10専大優勝33−17北大
2003年Bブロック4位
2004年Aブロック4位
2005年Aブロック1位準決勝敗退13-30慶大優勝27-19東北大
2006年Aブロック2位優勝18-15北大
2007年Bブロック2位優勝73-36北大
◆2000年以降の主将◆
2000年迫田 崇
2001年長井研太
2002年夏井啓輔
2003年川上泰輝
2004年河野映彦
2005年山ア公士
2006年平山大樹
2007年田中希佳
2008年杉山岳彦



部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: