検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  ラグビー部紹介



 明治ラグビー部は1923年に創部され、これまで関東大学対抗戦優勝16回、大学選手権優勝12回、日本選手権優勝1回という実績と伝統を兼ね備える名門だ。大学日本一の座は1997年以来遠ざかっているが、昨年は帝京大と同率で3年ぶりに対抗戦優勝を果たし、大学選手権においても5年ぶりに準決勝に進みベスト4に輝いた。
今季は桶谷宗汰(営4=常翔学園)が主将に、副将には成田秀平(営4=秋田工)と1年次から紫紺のジャージーに袖を通してきた2人が就任した。今年度のFWは主力となっていた昨年度の4年生が卒業したため、その抜けた穴をカバーすることが必要となってくる。一方BKは昨季と比べ大幅な戦力ダウンとはならずさらなる安定が求められる。
ルーキーは石井洋介(情コミ1=桐蔭学園)ら高校日本代表、高校日本代表候補が数多く加入し、実力者がそろった。
丹羽政彦監督4年目となる今シーズン。「MUST WIN」というスローガンの下、昨年果たせなかった日本一に向け「前へ」の精神で突き進んでいく。

[石塚真維]



部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: