検索
 HOME > ハンドボール部

ハンドボール部  ハンドボール部紹介



 ハンドボールをマイナースポーツと思って甘く見てませんか? バスケットボールとサッカーを混ぜたものと捉える人が多いと思いますが、その二つよりも激しいプレーを見ることができます。覚えておきたいルールがあります。3秒ルールと3歩ルールです。まず、3秒以内にパスあるいはシュートをしなければならず、ボールを持ってから3歩までしか動くことができません。その他のルールはバスケットボールやサッカーとほぼ同じです。
 昨季、明大ハンドボール部は55年ぶりのリーグ戦2位に入りました。今年は優勝を目指して日々練習を積んでいます。池田稔主将(農4=藤代紫水)、東謙佑(法4=法政二)など4年生を中心にチーム全員で点を取りに行くことをモットーに戦い抜きます。
 一番の見どころは終盤です。たとえ5点差がついていても10分あれば逆転できるため常に真剣にプレーしている選手を見ることができます。点差が近ければ緊張感を感じ取れます。終わりのブザーが鳴り響くまで勝敗の行方が分からないスポーツは他にありません。


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: