検索
 HOME > 少林寺拳法部

少林寺拳法部  少林寺拳法部紹介



 少林寺拳法とは宗道臣が創始した日本発祥の武術、護身術のことです。決められた形を組み合わせた演武と、演武防具をつけて実践的に行う運用法を、全日本学生大会をはじめとする各大会で披露。他大学の学生と競い合っています。

 昨季は全日本学生大会で1組、関東学生大会では3組が部門ごとの1位に輝きました。 また、4年に一度行われる世界大会にも5名が出場し、伊藤輝(政経2=中部一)・豊田竜大(商2=川越東)組が男子初段の部で銅メダルを獲得する活躍を見せました。
 スポーツ推薦の拳士に加え、一般入部の拳士の活躍も目立っています。人数こそ多くないですが、少数精鋭で悲願の全日本学生大会総合優勝へ挑みます。
[高田悠太郎]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: