検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  バドミントン部紹介



 昨年度は男女で明暗が分かれる1年となった。

 女子は青学大との秋季リーグ入替戦でチームカウント0−2から逆転勝ちで見事に1部に昇格することになった。チームの中心になったのは関東学生選手権でベスト4になる活躍を見せた木村瞳(文4=埼玉栄)・瀬川桜子(農4=埼玉栄)組。今年、主将となった瀬川は「(昨年の)4年生がいないとやっぱり駄目だとは絶対に言われたくない」と自分たちがチームを引っ張っていこうという気持ちが前面に出ている。また、シングルスのインカレ覇者相手にも善戦した伊藤美紗(政経3=聖ウルスラ学院英智)など1部での上位進出に向け戦力は整っている。
 男子は秋季リーグ入替戦で帝京大にストレート負けし、2部に降格するなど厳しい1年となった。今年はインターハイで優勝した埼玉栄から新しい1年生も加入し、選手の層は厚くなっている。4年生の抜けた穴は小さくないが、主将の中木広大(商4=旭川実)を中心として1部昇格を目指す。

 男女そろっての「1部昇格」。悲願達成に向けて、今年もバドミントン部が動き出す。

[四ッ谷健太]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: