検索
 HOME > バスケットボール部

バスケットボール部  バスケットボール部紹介



[男子部]
 昨年度の関東リーグ戦、後一歩のところで1部昇格を逃した男子部。今年も選手同士が「声」を出し合い、全員バスケで勝利をつかむスタイルは変わらない。

 塚本コーチが就任して4年目となる今年。入部時から“塚本イズム”を叩き込まれてきたメンバーが、ついに最高学年となりチームを背負って立つ。これまでも主力選手としてチームを支えてきた古橋(営4)や根岸(政経4)らが、どのようにチームを引っ張っていくのかに注目だ。

 また、昨年チームに大きく貢献した川崎(政経2)や金丸(英・商2)らはもちろん、昨年のU−18キャプテンをつとめた大型ルーキー・金丸(晃・政経1)など、下級生の活躍にも期待が持てる。

 目指すは、関東リーグ1部昇格。攻守のキーマンとなるセンターのポジションに絶対的な存在がいないなどの不安要素はあるものの、チームはまだまだ成長の余地を秘めている。2部リーグの“台風の目”となるべく、彼らは今年も進化し続ける。



[女子部]
【練習場所】
和泉体育館など
【練習日】
火・水・金・土・日曜
【練習時間】
火・水・金曜17時30分〜19時30分
土曜17時30分〜20時30分 日曜10時〜13時

 現在関東リーグ4部に所属する女子部。昨年度は、リーグ5位の成績で3・4部入替戦へ駒を進めたものの、3部校相手に力の差を見せられ敗戦を喫し、昇格を逃した。

 昨年度のチームは、唯一の4年生である主将をケガによって欠いていた。そんな過酷な状況でチームを引っ張ってきた芳賀主将(政経3)をはじめとする3年生たちには、今年度さらなる成長が期待できる。

 女子部は全員が一般入部で、しかも現在部員は5名しかおらず、1人でも欠ければ廃部という危機的な状況である。また、練習場所の確保にも一苦労。女子部は、常に厳しい環境の下で活動を続けている。

 しかし、部員たちは口をそろえて「人数が少ない分、チームワークの良さではほかに負けない」と話す。“人数の少なさ”という弱点を、逆に自分たちの武器にしようとする強い精神力が、彼女たちにはある。今年も門を叩いてくるであろう新たな仲間たちと力を合わせることで、3部昇格への道は切り開かれるに違いない。


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: