検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  バドミントン部紹介



 昨年度、秋季リーグ戦で男子は1部に残留した。女子は2部リーグ全勝優勝で入替戦まで進んだが、青学大にチームカウント1−3で敗北。惜しくも1部の舞台には届かなかった。

 プレーや気持ちでチームをけん引した小野寺勝也元主将(平24法卒=札幌一)や樋渡仁見(平24政経卒=名古屋経大市邨)が卒業したが、明大バドミントン部には期待できる選手がいる。男子部にはインハイ団体優勝に貢献した小林俊也(政経1=埼玉栄)と櫻井恵介(政経1=埼玉栄)、そして同じくインハイ団体準優勝の川原共生(商1=旭川実業)が加入。「勢いで、勝てる試合は勝ちたい」(櫻井)と意気込む。女子部では、昨秋のリーグ戦で全試合に出場し、2部リーグ全勝優勝に貢献した伊藤美紗(政経2=聖ウルスラ学院英智)、ケガから復帰した瀬川桜子(農3=埼玉栄)に注目だ。

 明大バドミントン部が目指してきたもの。それは「男女で1部」。今年こそ目標を達成する。明大バドミントン部から目が離せない。


[関口詩織]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: