検索
 HOME > ハンドボール部

ハンドボール部  ハンドボール部紹介



 ハンドボールって知っていますか?テレビにもよく出る宮崎大輔選手のおかげで、聞いたことくらいはある、という人もそれなりにいるのではないでしょうか。学校の体育なんかでやったりもしますよね。ただ、実際に試合を見たことがある人は少ないでしょう。しかしヨーロッパではサッカーの次に人気があるとも言われているほどすごいスポーツなんです。サッカーより得点もたくさん入り、バスケよりも激しい身体のぶつかりあいが見られます。速さ、力強さ、迫力、どれをとっても他のスポーツに引けをとりません。

 明大ハンドボール部は昨季の関東リーグで春秋ともに5位と予想外の結果に終わりました。インカレではリーグ戦の結果からシード権を獲得することができず、2回戦で強豪の日体大と対戦する厳しい組み合わせに入ると、日体大に力の差を見せつけられる結果に。戦力はそろっていたが結果を残すことができませんでした。今季は下級生のころから主力としてチームを引っ張った堤由貴(営4=洛北)が主将となります。昨年から戦力は抜けたがエースで主将の堤、昨季ルーキーながら主力級の働きを見せた吉野樹(政経2=市川)を中心に「どの大会でも確実に3位以内を目指す」と堤主将。しかし新戦力がうまくかみ合えばそれ以上の成績も十分に見込めるチームです。
[松井嚴一郎]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: