検索
 HOME > ハンドボール部

ハンドボール部  ハンドボール部紹介



“ハンドボールですか?体育ではしたことありますけど……”

 みなさんよく言われます!したことはあるんだけど本格的な試合は見たことがないと。
でもそれはもったいない!ハンドボールの醍醐味(だいごみ)は生観戦にあるんです。
「中東の笛問題」や「宮崎大輔選手(アルゴベンダス)」の活躍で人気急上昇中のハンドボールを直接見てみたいとは思いませんか?

 オリンピックでもないかぎり普段テレビ中継されることはほとんどないハンドボールですが、そもそもなぜ体育の授業で扱われることが多いのでしょう。そこにはハンドボールのある特徴が関係しています。それはハンドボールの“総合性”。この競技はよくサッカーとバスケットボールが融合したような競技だと言われますが、選手同士の体の激しい接触も多いため陸上のアイスホッケーという印象も受けます。また走・跳・投というスポーツにおける3つの基本要素すべてが求められる競技なので、バランス良く筋力を増強できるという点も授業で取り上げられる大きな要因の1つです。メジャーな競技の良いと所を集めたような競技なので、とっつきやすく見ていておもしろい。それがハンドボールなのです!

 どうですか?ハンドボール、興味沸いてきませんか?お金を払って見に行くのはちょっと……という方は、是非大学生の試合を見に来てください。スピード感溢れる試合展開と豪快なシュートをまじかで見ることができますよ。明大ハンドボール部も7部まである関東学生リーグの1部リーグで奮闘中です。リーグ2位の防御率を誇る固いディフェンスで相手を崩し、カウンターで攻めるというメリハリの利いたプレーで上位進出を目指します。昨年達成できなかった“春・秋季リーグで4位以内”という目標に向かい力闘する選手たちを一緒に応援しませんか?

[社川拓人]


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: