検索
 HOME > バスケットボール部

バスケットボール部  バスケットボール部(男子部)紹介





◆2009年度バスケットボール部(男子部)年間スケジュール◆
大会名
4月
京王電鉄杯10大学バスケットボール・フェスティバル、サラダリーグ、Bリーグ
5月
第40回高麗大学定期戦、第58回関東大学バスケットボール選手権大会
6月
第49回関東大学バスケットボール新人戦
7月
8月
夏季強化遠征 および 強化合宿予定
9月
第85回関東大学バスケットボール2部リーグ戦
10月
11月
第7回東京六大学バスケットボールリーグ戦
12月
第61回全日本大学バスケットボール選手権大会
1月
第84回全日本総合バスケットボール選手権大会
2月
 
3月
 

全日本学生選手権 筑波大戦勝利
  「去年以上に面白いバスケットができるようになりますよ!期待していてください」(塚本ヘッドコーチ)。この言葉通り、今年の明大男子バスッケトボール部はリーグ戦1部昇格、さらにそのほかの選手権大会などにおいても十分上位を目指すことのできる実力チームであることは間違いない。去年の主力メンバーが数多く残り、選手の試合経験や連携プレーに関しても不安はない。

 下級生時からエースとして活躍していた金丸(晃・政経3)は今年「平成21年度バスケットボール男子 育成強化キャンプ」招集選手、および「平成21年度バスケットボール男女 第25回ユニバーシアード競技大会日本代表候補選手」選出された。相手チームの厳しいマークを振り切って、得点を量産する金丸(晃)のオフェンス能力は大学バスケ界でもトップレベル。
エース・金丸(晃)
今年もエース金丸(晃)の活躍に大きな期待が懸かる。さらに、川崎(政経4)、田村(政経2)もアウトサイドから果敢にゴールを狙える選手。高さのあるフォワード陣がそろった。インサイドには金丸(英)主将(商4)、飯沼(文4)、戸塚(営4)といった4年生がおり、今年のチームはどのポジションの選手も見ごたえあるプレーを見せてくれることは間違いない。ディフェンス力も昨年強化され、格段にレベルアップしたといえる。メンバー、攻守ともにバランスの取れたチームに仕上がりつつある。

 昨年は惜しくもリーグ戦1部昇格を果たすことができず、悔しいシーズンとなった。しかし、インカレでは5位と大健闘。1部校相手にも十分戦えることを証明した。昨年の経験を活かし、今年のバスケ部はより高いレベルのバスケットを私たちに見せてくれるだろう。


[中原靖子]



創部
1925年(大正14年)
部長
高橋 正泰(明治大学経営学部教授)
監督
濱西 康一(昭62政経卒)
主将
金丸 英悟(商4)
主務
樋口 枝浦(情コミ4)
練習場
明治大学和泉体育館、明治大学駿河台体育館
合宿所
東京都世田谷区八幡山2−17−18 明治大学八幡山第二合宿所





部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: